ラーメン屋のアグリ日誌☆岩手

「やなぎや のうえん」 農場の日々の記録です。 (2011年6月9日 開設)

「花巻ジビエ」を楽しむ会 2018年4月25日

Filed under: 狩猟 — ynouen @ 16:57

2018年4月25日(水)( count:1317)

・大迫町内川目:雨 最高気温:14.3℃ 最低気温:9.4℃

・紫波町上松本:雨 最高気温:12.8℃ 最低気温:9.4℃


今年も「花巻ジビエ」を楽しむ会が開催されます。

http://fm-one.net/wp-content/uploads/2018/04/2018gibier.pdf

 

28783

昨年も大勢の方々で賑わっていました。

若者からご年配の方まで広い年齢層の方々が来場していました。

若い女性の方も多く、性別や年齢を問わず、関心の高さが伺えました。

 

始めての方でも気軽に参加いただけると思います。

お酒も各種用意されますし、色々な料理が並びます。

 

狩猟に興味のある方は、そうした話を現役猟師に聴くことも可能です。

 

関心のある方はご一考を・・・。

広告
 

小麦の成長 2018年4月20日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 21:07

2018年4月20日(金)( count:1316)

・大迫町内川目:晴れ 最高気温:20℃ 最低気温:7℃

・紫波町上松本:晴れ 最高気温:20℃ 最低気温:7℃


いきなり高温になったりと、このところの温度変化は急激だったりします。

朝晩は冷えるのに日中は暑くなったり、暑いのか寒いのかよく分からないと

身体が戸惑っている状況もありました。

 

小麦さんたちにとってはどうだったでしょう?

紫波農場、1ヵ月前は雪に埋まっていましたが、一気に暖かくなり、一気に成長が進んだようです。

20180420_135411

写真は根元が欠けていますが、幼穂長(根元から幼穂の元まで)は2cmを超えていました。

雪が一気に融けてからの成長が早い!

 

紫波管内は昨年の播種が早く終えた所は繁茂状態、播種が遅れた所は生育遅れという2極端化に分かれています。

稲刈りが遅くなったことで、小麦の播種も遅れ、発芽の思わしくなかった所もあるようです。

そうした状況はその年によって巡ってくるもので、自分の所がいつも良いとは限りません。

 

そうした現状を鑑み、小麦が丈夫に育つ環境、土づくりということに今一度立ち返り、対処療法ではない丈夫な身体づくりを

するにはどうするか・・・について再考する年としたいと思います。

そうして育った良い小麦は良い麺になると思います。

 

20180410_110124

さて、今日も空を見上げますと雲が浮かんでいます。

・・・今月の花粉症(?)は生まれて以来、最悪の症状を私にもたらしました。(点滴まで・・・)

 

融雪期追肥 2018年4月10日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 19:10

2018年4月10日(火)( count:1315)

・大迫町内川目:晴れ 最高気温:12℃ 最低気温:0℃

・紫波町上松本:晴れ 最高気温:12℃ 最低気温:0℃


20180319_175133

今シーズンの冬は雪が多く、紫波農場の小屋もつぶれそうな位でした。

3月19日時点では(↑写真)、まだ雪もかなり残っており、雪解け水が勢いよく畑の真ん中を流れていました。

(例年のことですが、今年は水の出が多かったです。)

 

20180410_102650

20180410_1013241

一時は雪と水を心配してましたが、その後の大雨と好天で一気に雪融けは解消。

店舗からの応援も得て、無事に追肥作業を終えることが出来ました。

 

生育は遅れ気味ですが、順調に挽回してくれてます。

今後の日照時間の累積と恵みの雨で、大きく実ってくれることを期待します。

今回、大迫は10作目、紫波は7作目。

色々なことを経験し、多少のことでは動じなくなり、常に前を向いていられのは小麦たちのお蔭です。

 

また、狩猟部門は3月末で猟友会の年度の締めが行われ、我々の成果としてはニホンジカ7頭という結果でした。

有害鳥獣の被害を減らすことは、なかなか難しいことです。

我々も出来る範囲での貢献を続けていきます。

 

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。