ラーメン屋のアグリ日誌☆岩手

「やなぎや のうえん」 農場の日々の記録です。 (2011年6月9日 開設)

2018播種 2018年10月13日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 21:46

2018年10月13日(土)( count:1323)

・大迫町内川目:晴れ 最高気温:20℃ 最低気温:7℃

・紫波町上松本:晴れ 最高気温:20℃ 最低気温:7℃


34803

34804

早いもので種まきのシーズンがやって参りました!毎年新しい畑作りを試みてるので楽しみであります。

又、大迫町圃場周辺では日本鹿が盛んに鳴き始め、周りの山々に響きわたっております♪

広告
 

畑作り 2018年8月29日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 16:56

2018年8月29日(水)( count:1322)

・大迫町内川目:曇り 最高気温:23℃ 最低気温:19℃

・紫波町上松本:曇り 最高気温:23℃ 最低気温:19℃


33326

今年も小麦播種に向けての畑作りが進行中です。

鶏ふん散布。

そして耕起。

水分農産さんには全面的に御協力いただいております。

コバシのハイパーローター良いなあ・・・。

 

IMG_5467

IMG_5485

 

2018年8月1日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 23:14

2018年8月1日(水)( count:1321)

・大迫町内川目:晴れ 最高気温:32℃ 最低気温:24℃

・紫波町上松本:晴れ 最高気温:32℃ 最低気温:24℃


 

 

トラクターのエアコンが壊れてる…
涼を求めてお客様が訪ねて来ました。ちょっと㊙な場所へ。

 

刈り取り無事終了 2018年7月25日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 20:42

2018年7月25日(水)( count:1320)

・大迫町内川目:晴れ 最高気温:32℃ 最低気温:22℃

・紫波町上松本:晴れ 最高気温:32℃ 最低気温:22℃


32215

今年も無事刈り取りを終える事が出来ました。

内川目小学校『体験学習』も天候に恵まれ、小麦刈り取りを高学年から中学年そして低学年への元気な連係プレーでコンバインに追い付く作業を体験致しました。きっと美味しい麺になって帰って来る事でしょう。

 

梅雨の晴れ間 2018年6月14日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 20:22

2018年6月14日(木)( count:1319)

・大迫町内川目:晴れ 最高気温:19℃ 最低気温:9℃

・紫波町上松本:晴れ 最高気温:19℃ 最低気温:9℃


30768

肌寒い梅雨の晴れ間です。つばめが小麦畑の上を元気に飛び回ってます。

ここから日増しに色付き、刈り取りを迎えます。そしていつもの熊が来はじめました♪森側注意です!

 

春のあづまねエリア ~食の夕べ~ 2018.5.25 2018年5月10日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 23:38

2018年5月10日(木)( count:1318)

・大迫町内川目:曇り時々雨 最高気温:12℃ 最低気温:7℃

・紫波町上松本:曇り時々雨 最高気温:12℃ 最低気温:7℃


毎年恒例となった紫波・食の夕べが開催されます。

紫波農場も地域の方々と共に7年の月日を重ねてまいりました。

 

http://www.shiwa-kanko.jp/4641/

 

20180508130201_00001-724x1024

 

柳家の店舗で提供している麺を使った一品もメニューに加わる予定です。

紫波の地酒と共に味わう夕べを是非ご堪能ください。

 

小麦の成長 2018年4月20日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 21:07

2018年4月20日(金)( count:1316)

・大迫町内川目:晴れ 最高気温:20℃ 最低気温:7℃

・紫波町上松本:晴れ 最高気温:20℃ 最低気温:7℃


いきなり高温になったりと、このところの温度変化は急激だったりします。

朝晩は冷えるのに日中は暑くなったり、暑いのか寒いのかよく分からないと

身体が戸惑っている状況もありました。

 

小麦さんたちにとってはどうだったでしょう?

紫波農場、1ヵ月前は雪に埋まっていましたが、一気に暖かくなり、一気に成長が進んだようです。

20180420_135411

写真は根元が欠けていますが、幼穂長(根元から幼穂の元まで)は2cmを超えていました。

雪が一気に融けてからの成長が早い!

 

紫波管内は昨年の播種が早く終えた所は繁茂状態、播種が遅れた所は生育遅れという2極端化に分かれています。

稲刈りが遅くなったことで、小麦の播種も遅れ、発芽の思わしくなかった所もあるようです。

そうした状況はその年によって巡ってくるもので、自分の所がいつも良いとは限りません。

 

そうした現状を鑑み、小麦が丈夫に育つ環境、土づくりということに今一度立ち返り、対処療法ではない丈夫な身体づくりを

するにはどうするか・・・について再考する年としたいと思います。

そうして育った良い小麦は良い麺になると思います。

 

20180410_110124

さて、今日も空を見上げますと雲が浮かんでいます。

・・・今月の花粉症(?)は生まれて以来、最悪の症状を私にもたらしました。(点滴まで・・・)

 

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。