ラーメン屋のアグリ日誌☆岩手

「やなぎや のうえん」 農場の日々の記録です。 (2011年6月9日 開設)

【出穂】 2017年5月18日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 21:37

2017年5月18日(木)( count:1277)

・大迫町内川目:晴れ 最高気温:23.0℃ 最低気温:9.0℃

・紫波町上松本:晴れ 最高気温:23.1℃ 最低気温:8.9℃


17234

出穂(しゅっすい)が始まりました。近くでウグイスが鳴いてます♪

 

【体験学習】麦踏み 2017年4月28日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 19:25

2017年4月28日(金)( count:1275)

・大迫町内川目:晴れ時々小雨 最高気温:14.3℃ 最低気温:6.9℃

・紫波町上松本:晴れ時々小雨 最高気温:14.3℃ 最低気温:6.9℃


16500

一雨毎に周りの山々は芽吹き始めています。内川目小学校4・5・6年の生徒さんが授業の一貫【体験学習】にて『麦踏み』を体験しました。

踏んで強く育つ小麦。体験後の生徒さんからの言葉に、何かを感じた様子でした。

 

早池峰麓の春 2017年4月26日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 20:27

2017年4月26日(水)( count:1274)

・大迫町内川目:雨 最高気温:15.8℃ 最低気温:9.0℃

・紫波町上松本:雨 最高気温:15.6℃ 最低気温:9.1℃


 

 

【融雪期追肥】 2017年3月29日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 15:34

2017年3月29日(水)( count:1272)

・大迫町内川目:小雨 最高気温:10.1℃ 最低気温:-3.0℃

・紫波町上松本:小雨 最高気温:  9.8℃ 最低気温:-2.5℃


15102

土手にはバッケ(ふきのとう)が沢山顔を出してます。今回はトラクターが入れない為、30㎏を背負い早歩き。

そこに小麦があるから。「元気に育ってや~」あと、145袋………

 

参加表明 2017年2月5日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 20:31

2017年2月5日(日)( count:1270)

・大迫町内川目:曇り 最高気温:6℃ 最低気温:-5℃

・紫波町上松本:曇り 最高気温:6℃ 最低気温:-5℃


img192

5年前からニホンジカの被害が始まった大迫の小麦畑。

関係各位に相談するもなかなか進展しない中、県に相談したところ、花巻猟友会の会長を紹介されました。

事情を説明すると、その日の午後にすぐ現地へと来ていただき、『どこだ?』ということで見回っていただきました。

フットワークの軽さと行動力は今も尊敬の対象です。

そこからのお付き合いということになります。

 

その後、我々は電気牧柵で畑の防御、猟友会の皆様には駆除という形でお世話になっておりました。

ときどき我々も巻き狩りに加わり、勢子として山を歩いたりもしておりました。

 

数年にわたる有害獣駆除で、かなりの実績があがっております。

これら先人の技術、智慧を受け継いでいく必要があります。

また、中山間地域で畑をお借りしての小麦栽培ですが、農耕地を維持していくためには獣害対策も含めての管理が必要です。

 

その他諸々の状況を鑑み、我々も出来ることからやっていこうという結論に達し、のうえん部隊2名は花巻猟友会に所属することとなりました。

(1名は第一種銃猟免許、1名はわな猟免許を取得)

ニホンジカ被害というところから始まり、導かれてここまで来ました。

まずは出来ることから一歩一歩進めて行きたいと思います。

 

(写真、中段右から2人目:花巻猟友会・藤沼会長、前列真ん中:花巻猟友会大迫支部:伊藤支部長、撮影:花巻猟友会大迫支部:多田事務局長)

 

小麦生産部会 2017年2月3日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 21:19

2017年2月3日(金)( count:1269)

・大迫町内川目:晴れ 最高気温:2℃ 最低気温:-6℃

・紫波町上松本:晴れ 最高気温:2℃ 最低気温:-6℃


あっとゆう間に2月です。

かなりの遅ればせながら、今年も「やなぎやのうえん」を宜しくお願い致します。

 

さて、今日は年に1回開催される小麦生産部会・紫波支部の通常総会です。

総会、研修会、そして夜は懇親会です。

20170203_1512320

20170204_110316-1

紫波支部では今日の研修会の他に、栽培講習会が年に4回実施されます。

播種、追肥などのタイミングに合わせて開催されますので、我々にとって重要な情報源となります。

さらに、刈取り時期には代表者会議でカントリーでの受入れ、乾燥調製について計画されます。

今年、紫波農場で栽培している小麦たちは6作目となりました。

紆余曲折ありましたが、関係各位のおかげでここまで続けてこれました。

改めて感謝申し上げます。

 

今年、のうえん部隊は新たな取り組みにも挑戦中です。<(_ _)>

(乞うご期待)

 

★ご案内

「農林水産省経営局」のFacebookに「柳家」、および「やなぎやのうえん」」の記事が掲載されました。
農業参入の経緯と今後の展望が紹介されております。

農業経営者新時代ネットワーク―農林水産省経営局ー | Facebook

 

行く年来る年 2016年12月29日

Filed under: 農場日誌 — ynouen @ 14:57

2016年12月29日(木)( count:1268)

・大迫町内川目:雪 最高気温:2.3℃ 最低気温:-1.3℃

・紫波町上松本:雪 最高気温:1.7℃ 最低気温:-1.9℃


今年も小麦栽培の作業を無事に終え、年末を迎えました。

 

振り返りますと、今年7月の収穫では、過去最高の収量を記録し、励みとなりました。

栽培期間の追肥散布では尿素溶液とカビ防除液の同時散布で効率化が実現しました。

手探りながらも小麦刈取りイベント、種まき教室など新たな試みも実践できました。

これからも出来る作業をコツコツと積み上げていくことに変わりは有りません。

本年も、お世話になった関係各位に感謝を申し上げます。<(_ _)>

来たる年も皆様にとってよき年となることをお祈りいたします。

 

今月は、私(農場長)もベトナムへと渡航いたしました。

現地の畑も視察しましたが、何よりも街のパワーに圧倒され、エネルギーを貰ってきました。

20161207_172655(0)

20161209_093656

20161207_112847

ハノイの夕日を想いだしながら・・・。

20161211_1657247

 

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。